【日本語】土壇場

土壇場とは、せっぱつまった場面。最後の場面。

【語源と由来】

土壇場は文字通り、土を持って築いた壇の場所を意味する言葉として、江戸以前までは使われていた。

江戸時代に入り、斬罪の刑を執行する時に罪人を土壇場に横たわらせたことから、「斬首刑の刑場」を意味するようになった。さらに、「刑場」の意味が転じ、どうにもならない場面や最後の決断を迫られる場面の意味で、「土壇場」と用いられるようになった。

Advertisements

MBA留学は本当に人生を変えるか?

from 東洋経済オンライン 12月1日(土)11時30分配信

グローバルエリート予備軍は今、何を学ぶか(写真はハーバードビジネススクール)

世界最難関の経営大学院、スタンフォード大学ビジネススクールのミッションは、“Change Lives, Change Organizations, Change the World”。

世の中を変え、組織を変え、そして、世界を変革するグローバル人材を育成する。このミッションが象徴するように、欧米のビジネススクールでの学びや経験は、学生、特に留学生の人生を大きく変えると言われている。

私自身、2000年にコロンビア大学ビジネススクールに留学し、自分の人生が変わるのを実感した一人だ。

7年間勤めたNHKを退職し、多額の教育ローンを背負いながらの留学だった。背水の陣で、「MBA留学」に人生を賭けて挑んだのである。

その結果、自分の価値観が全部入れ替わるような、強烈な体験をした。投資額以上のリターンを得たと言ってもいい。

過去の成功体験なんか通用しない、自分が成長し、変わり続けることでしか、グローバルリーダーにはなれないことを、留学して初めて知った。

ビジネススクールは、まさに「世界中から集まってきた学生たちから発せられる強烈なエネルギーのパワースポット」。友人たちのエネルギーに圧倒されながらも、目標に向かって前向きに、主体的に、かつ謙虚に学ぶことの大切さを学んだ1年半だった。

MBA留学で何が変わるのか?

日本に帰国後、世界的な経営コンサルティング会社、ボストンコンサルティンググループ(BCG)に就職した。在職中、「多くの日本人にMBA留学に挑戦してほしい」と思い、自らの留学体験記を単行本『ゼロからのMBA』(新潮社)にまとめ、出版させていただいた。

その後BCGから、外資系テレビ局に転職。今年から独立して、仕事をしている。

現在も、コロンビア大学ビジネススクールの入学面接官を務めたり、MBA留学関連のセミナーや説明会に参加したり、ビジネススクールとのかかわりは深い。

ビジネススクールの卒業生として、MBA留学に挑戦している人たちから、最もよく聞かれる質問が「MBA留学で何が変わりますか?」という質問だ。

2003年にMBA留学体験を書いた本を出版。あれから9年・・・

その質問について、私は「まず人生が変わる」と答えることにしている。間違いなく、留学前と留学後で、私の人生は大きく変わったからだ。

留学しなかったら、外資系企業で働くこともなければ、起業しようと考えたりすることもなかったはずだ。

何より視野が広がり、世界がこんなに近く感じることもなかっただろう。

外資系テレビ局で働いていたとき、アメリカ本社と日本支社、両方の視点から、自分の仕事や役割を見ることができたのは、MBA留学のおかげだ。

経営コンサルタントがよく言う「アリの目、タカの目」の「タカの目」を身に付けることができたとも言える。

それまでは、NHKの一人の取材者の視点で、NHKや日本や世界を見ていたのが(アリの目)、留学後は、アメリカ本社のグローバル経営の視点から、俯瞰で物事を見ることができるようになった(タカの目)。

会社組織に例えれば、社員として「局所最適」で仕事をしていたのが、経営者の目から会社を、自分の立場を、俯瞰で見ながら、「全体最適」を目指して、仕事をするようになったと言える。

「会社を起業し、社会に貢献する人が尊敬される」ことも知ったのも、留学時代だ。ビジネスを創り出し、雇用をもたらし、儲けを社会に還元する起業は、グローバルエリートの世界では「最も価値あるもの」。

コロンビア大学ビジネススクールの同級生の多くが、起業に挑戦し、現在は経営者となっている。

生き方のグローバルスタンダードを学ぶ

今、書店では「人生を変える本」と、ハーバード大学などアメリカの名門大学の授業を紹介する「白熱教室本」が、人気を呼んでいる。

「日本を変えたい」「自分を変えたい」と思う意識の高い日本人の方々が、一流の大学から「生き方のグローバルスタンダード」を学びたいと思っている証しではないかと思う。

こうした読者に向けて、「実際、『白熱教室』や『MBA留学』がどのように日本人の人生を変えるのか」をお伝えしたいと思ったのが、この連載を始めようと思ったきっかけだ。

白熱教室で人生が変わるかどうかは、結局、「授業を受けた人がそれをきっかけにどのように変われるか」にかかっているからである。

現在、欧米のトップビジネススクールには、まさに「人生を変えつつある」日本人留学生たちが、日本代表として奮闘している。

そこでこの連載では、ハーバード、スタンフォード、コロンビア、ウォートン(ペンシルベニア)など、トップビジネススクールの日本人留学生を取材し、「MBA留学が人生をどう変えるのか」、留学生の成長記録を現在進行形でお伝えしていきたい。

金融はもはやメインストリームじゃない?

自分が留学していた2000年ごろと、ビジネススクールはどのぐらい変わっているのか?

早速、コロンビア大学ビジネススクールの日本人留学生、川本暁彦さん(36)に取材をしてみた。

まず、授業について聞いてみると、私が留学していた頃に人気だった授業は、ほとんど残っていないとのことだった。

「コロンビアでは、バリュー投資関連の授業が人気を集めていて、名物教授のブルース・グリーンウォルド教授のLegends in Value Investing(バリュー投資・上級編)は、やはり人気がありますね。ウィリアム・ダガン准教授のNapoleon’s Glance(ナポレオンのひらめき)も、学生から高い評価を得ています)(川本さん)。

日本で人気を得た「選択の科学」は通常のカリキュラムでは受けられない

グリーンウォルド教授の授業内容については、『競争戦略の謎を解く』(ダイヤモンド社)や『バリュー投資入門』(日本経済新聞社)、ダガン准教授の授業は『戦略は直観に従う』(東洋経済新報社)に詳しい。

「コロンビア白熱教室」として11年にNHKで放映され、話題になったシーナ・アイエンガー教授の『選択の科学』の授業は、テレビ放映用の特別講義で、通常のカリキュラムにはない授業。

コロンビアに入学しても、残念ながら、あの白熱教室は存在しない。12年現在、アイエンガー教授は、エグゼクティブMBAプログラムでリーダーシップを教えている。

ハーバード大学ビジネススクールに留学中の笹本康太郎さん(33)は、ハーバードでは、リーダーシップやマネジメントの授業に加え、アントレプレナーシップ(起業家精神)、新興国ビジネス、ソーシャル・ビジネスの授業などが、人気を集めていると言う。

ハーバード大学ビジネススクールでは、フィールドワークを取り入れた授業が必修に

「2010年に新しい学長が就任してから、カリキュラムの改革が行われています。ハーバードといえば、ケーススタディ(実際、企業が直面した問題や事例を元に、学生が議論する授業)が有名ですが、昨年から、実践的なフィールドワークを取り入れた授業が必修になりました。

たとえば、『学生が新興国を訪れ、コンサルティング業務などを通じて、現地のビジネス環境を直接学ぶ授業』や、『3000ドルを元手に小規模なビジネスを起業し、ベンチャーキャピタルからの評価を競う授業』などです」(笹本さん)。

ペンシルベニア大学ウォートンスクールの浅原大輔さん(33)は、現在、ウォートン・サンフランシスコ校で、4カ月間の特別プログラムに参加している。アントレプレナーシップに興味がある人たちが選抜され、西海岸で集中して、起業家精神やベンチャーキャピタル業務などを学び、実践する。

「学校を挙げて、起業やソーシャルビジネスを推奨しているのでは、と思うほど、力を入れていますよね。ウォートンでは、僕が今参加している特別プログラムもそうですが、面白い起業アイデアには指導教官や資金も提供され、在学中、すぐに起業できるような環境が整っています。また、スタートアップ企業との共同プロジェクトも数多くありますね」

就職先にも変化が表れている。

私が留学していた頃に最も人気があったのは、投資銀行だった。それがすっかり鳴りを潜め、今や、起業する人や、ソーシャルビジネスを始める人が、「かっこいい」のだそうだ。

「ハーバードでは、『目先の給料のよさに惑わされず、自分が本当にやりたいこと、世界にインパクトを与えられるようなことに取り組みなさい』ということを繰り返し、教え込まれます。

『夏休みにどこでインターンやった?』と学生同士で報告し合ったときも、話題の中心になるのは、やはりスタートアップ企業での体験で、投資銀行でインターンとして働いた友人は、少し肩身が狭そうにしていましたね」と笹本さん。

前出の川本さんも、次のように語る。

「コロンビアでは相変わらず金融系に就職する人が多いですが、それでも、以前に比べると減っていると思います。全体的に給料が下がっているのに、依然としてハードワークなところが、人気が下がっている原因ではないでしょうか」

カリキュラムや就職先が世界経済の趨勢に応じて、変わっていくのはもちろんのことだが、驚くべきは、日本人留学生の数の減り方だろう。

ハーバードの日本人学生は、1学年、笹本さんを含め全部で7人。900名中7名だ。日本人学生が比較的多いことで知られていたウォートンでさえ、840人中、日本人は浅原さんを含め4人。コロンビアに至っては、11年9月に入学した日本人は、550名中、川本さん1人しかいない。

クラスに日本人はたった1人

その他のトップビジネススクールの学生に聞いてみても、日本人留学生(日系アメリカ人などは除く)の数は、だいたい1学年に数人から10人程度。日本のGDP(世界第3位)を考えれば、信じられないぐらいの少なさだ。

私が留学していた10年前に比べても、半分ぐらいの人数ではないかと思う。実際、欧米のビジネススクールを受験する際に必須となっているGMAT試験の日本人受験者数の推移を見てみても、02年に、延べ5620人だった受験数が、11年は2518人と半分まで落ち込んでいる。

GMAT試験を運営しているGMAC(Graduate Management Admission Council)は、日本人受験者数の減少について、「日本では、ビジネススクールを受験する世代の人口(20代後半)が少なくなっているからだ」と説明している。

しかし、それだけで、10年前の「半分」にはならないだろう。

日本企業が社費留学制度をなくす傾向にあること、円高とはいえ、高額な授業料(ハーバードビジネススクールの2年間で、約11万ドル=900万円)が、私費留学を志す人の足かせとなっている。

さらに、出願しても「受からない」という現実がある。コロンビア大学ビジネススクールで、550人中たった1人の日本人として奮闘する川本さんは、次のように語る。

「入学して最初の学生同士の飲み会は、ちょっと苦痛でしたね。自分から積極的にアプローチしないと知り合いさえもできない状況でした。あまりに日本人が少ないので、コロンビアの入学担当官に原因を聞いたことがあります。

いろいろと理由はあるかもしれませんが、僕が受験した年、そもそも3人の日本人にしか合格を出していなかったことがわかり、驚きました。日本人の英語力が相対的に低いのも、合格を出しにくい理由の1つかもしれません」

中国や韓国の企業は、”貴重なお客さん”

それに比べて、躍進しているのが、韓国人と中国人だ。コロンビアには、それぞれ、1学年、20人から30人在籍していて、大グループを形成しているという。ウォートンでも、韓国人が約20人、中国人(台湾・シンガポール・香港含む)は50人ぐらい在籍しているそうだ。

確かに11年のGMAT受験人数(国籍別)を比較しても、中国は日本の16倍で約4万人、韓国は2倍で約5000人。

1学年20人から30人と言えば、1980年代後半から90年代初頭の日本人留学生の数に匹敵する。今は中国と韓国がビジネススクールバブルを迎えているのだろうか。

「韓国人の留学生はサムスン、LG、ヒュンダイなど、大企業からの社費留学が多いですね。卒業後のことを考えなくていい分、よくゴルフをしたりしてのんびりした雰囲気です。

韓国人コミュニティの中だけにいて、あまりクラスメートとも交流がない人もいます。バブルの時代の日本人留学生って、こんな感じだったのかなと想像することもあります」(浅原さん)

米ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌(オンライン版)は、10年3月11日付けで、「Why MBAs are Going East」という特集記事を掲載し、アメリカのビジネススクールの学生が、「成長するアジア企業」に活躍の場を求めて、あえて中国や韓国の企業に就職する様子を伝えている。

記事によれば、韓国サムスン電子は09年、米トップビジネススクールから50人もの学生を採用している。韓国人学生を除いて、50人である。中でも、ノースウェスタン大学ケロッグスクールからは、16人も採用したのだという。

学生の就職率や就職後の初任給は、ビジネススクールの評価やランキングに大きな影響を与える。中国や韓国の企業は、卒業生を高給で採用してくれる、貴重なお客さんなのだ。

「授業でも、中国4大銀行の躍進や、サムスンのグローバル経営戦略など、今、学ぶべき事例として取り上げられることが多いですね。残念ながら、日本企業の事例は、トヨタのオペレーション戦略など、かなり昔の事例が取り上げられています」(川本さん)。

確かに、過去10年で売上を3倍以上に伸ばしたサムスン電子(01年約3兆円から11年約11兆円)に比べれば、日本企業に元気がないのは否めない。

ビジネススクール側からすれば、寄付金も採用数も減っている日本から学生を採用するよりも中国や韓国から、というのは、当然なのかもしれない。

日本代表選手が”孤軍奮闘”

現在、トップビジネススクールに在籍している日本人留学生は、この厳しい状況の中で、合格を勝ち取った「エリート中のエリート」だと言える。

取材を始めてみて、見えてきたのは、クラスに1人、あるいは学年に1人の日本人として孤軍奮闘する日本人留学生の姿だ。

ビジネススクールの教室は、通常、教壇を座席が扇形に囲む劇場のようなつくりになっていて、教壇からは、全学生の顔と名前が見えるようになっている。

アメリカのビジネススクールの場合、1クラス60人から90人ぐらいで構成され、60%から70%が北米出身者、10%から15%がアジア人、10%がヨーロッパ人だ。

国連やオリンピックさながらのクラスの中で、日本人は1人。クラスメート全員が、その日本人を通じて「日本」について学ぶことになり、留学生はまさに日本代表選手としての”活躍”が求められる。

前出の笹本さんは言う。

「90人のクラスで日本人は僕1人。ハーバードでは日本企業の事例を扱うことは、いまだに多いんです。日本から貪欲に学ぼうとする89人のクラスメートたちに、自分の実体験を交えながら、ケースでは表現しきれていない日本企業や日本の経営手法の価値をしっかりと伝えていくことが、僕の役割の1つではないかと思っています」

次回からは、欧米のトップビジネススクールの日本人留学生を各校1人ずつフィーチャーし、その成長の過程をお伝えしていく。”日本代表”としてビジネススクールに貢献しながら、どう人生が変わりつつあるのか?

「授業」「人との出会い」「言葉」をキーワードに、激アツな留学生活を実況中継していきたい。

20款网站导航条设计

一个网站的导航条给访问者好的浏览体验,下来是20款网站设计的导航条样式,希望能给设计者以灵感。

Elegant Ribbon Menu

3d block menu bar

Navigation Pane

Apple Inspired Navigation Bar PSD

Simple Navigation Menu

Bold and Chunky Navigation PSD

Free PSD – 6 Navigation Bars

Slick horizontal menu

Simple Colorful Navigation Bars

Simple Dark Navigation Menu (PSD)

Header & Navigation Pack

Gloss Milk Navigation

Navigation PSD Pack

iPhone Navigation Collection Psd

Horizontal Navigatio

Navigation Bar Free PSD

PSD navigation menu

2 Shiny Navigation Bars psd file

Drop-down navigation bar (Free PSD)

3 Super Clean Navigation Bars PSD

30种时尚的CSS网站导航条

我想,大家在上网的时候一定见过很多很多种各式各样的网站导航条的设计。这些导航条基本上来说都是用CSS来做的。这里,我们将向你介绍几种最不错的用CSS设计的网站导航条。希望你会喜欢。

1. The Menu menu

The Menu menu

这是一个非常不错的CSS菜单,相当的独特,每个图标都有鼠标感应,然后出现子菜单。如果你想知道怎么做的,你可以简单的看一下这个网页的源码。

2. Pure CSS hover menu

Pure CSS hover menu

查看演示

一个纵向显示的鼠标感应的菜单和其子菜单。

3. Matte CSS Menu

Matte CSS

查看演示

Matte 是一个简单的CSS 菜单,使用两个图片,可以有13种风格。这个CSS菜单由 David Appleyard 开发和维护,他开发了很多很多简单而有强大的CSS菜单。

4. CSS Blur Menu

CSS Blur Menu

查看演示

一个模糊的导航条,只有当鼠标经过的时候才会变得清楚。

5. CSS Navigation with Glowing Icons

CSS Navigation with Glowing Icons

查看演示

有一个非常不错的简单的教程会教你创建这个漂亮的CSS导航条。

6. CSS Sliding Door using only 1 image

CSS Sliding Door using only 1 image

查看演示

这是一个朴素的CSS导航条,其基于 Sliding Doors 技术,只需要一个图片。

7. Navigation Matrix Reloaded

Navigation Matrix Reloaded

查看演示

又一个相当时髦的导航条。

8. CSS Horizontal Menu

CSS Horizontal Menu

查看演示

Ian Main 提供了一组很不错的相当时髦的CSS导航条。

9. Woody CSS Menu

Woody CSS Menu.

Woody 是一个跨浏览器的CSS导航条,其在IE6, IE 7, Firefox, Opera, Safari, Chrome上测试通过。

10. Advanced CSS Menu

Advanced CSS Menu

Advanced CSS Menu 由Nick La 开发,其使用了一个相当独特的方式。

11. Simple Yellow Tabbed

Simple Yellow Tabbed

这个导航条由CSS Menu Generator 生成。这是一个质量很不错的导航条。

12. Vimeo-Like Top Navigation

Vimeo-Like Top Navigation

查看演示

这个基于CSS的导航条由 Vimeo 制作。

13. Apple Like Colorful CSS Menu

Apple Like Colorful CSS Menu

这是一个效仿 Apple的图片滚动的CSS菜单,其有一个教程。

14. CSS Hoverbox

CSS Hoverbox

其灵感来源于 Hoverbox Image Gallery,由Nathan Smith开发,CSS Hoverbox 使用background-positionCSS 属性制作。网页上有教程。

15. Big CSS Box

Big CSS Box

这只不过是一个试验性质的CSS 导航条,其允许你创建一个可以缩放的导航条,其可以自适应于浏览器的宽度。

16. Simple CSS-based drop-down menu

Simple CSS-based drop-down menu

查看演示

这个下拉式菜单,虽然非常简单,但是却非常的优秀。

17. Two Level Horizontal Navigation in CSS

Two Level Horizontal Navigation in CSS

查看演示

Veerle Pieters 提供的这个CSS导航条教程,其主要使用了text-indent CSS 属性。

18. Uberlink CSS List Menus

Uberlink CSS List Menus

查看演示

这个CSS导航条看起来很像是一个图片切换的样子。

19. CSS-Only Accordion Effect

CSS-Only Accordion Effect

查看演示

这个CSS设计的很有想法,啥也不说了,上去看看就知道有多酷了。

20. Tabbed Navigation Using CSS

Tabbed Navigation Using CSS

这是另一个很不错的相法,让你可以创建一个TAB页,注意这是完全由纯CSS写成的。你可以通过点击上面的链接查看如何制作这样一个界面。

21. CSS Mini Tabs (the UN-tab, tab)

CSS Mini Tabs (the UN-tab, tab)

查看演示

这个CSS导航条是由一个比较流行的网页设计中介 SimpleBits 完成,它展示了一个可以创建小TAB页的方法。

22. Drop-Down Menus, Horizontal Style

Drop-Down Menus, Horizontal Style

查看演示

这个A List Apart CSS 菜单技术主要实现了一个纵向的二级菜单,其主要使用了 position: absolute CSS 属性来决定了菜单的位置。

23. List Into a Navigation Bar

List Into a Navigation Bar

查看演示

Roger Johansson 的456 Berea Street 展示了一个简单的理论——把一些带有下划线的列表转换成了一个导航条。这是一个非常好的给初学者的一个案例,可以通过它学习到如何通过CSS创建一个HTML结构的导航条。

24. CSS Tabs with Submenus

CSS Tabs with Submenus

这个CSS导航条菜单允许你创建二级的TAB页,相当不错哦。

25. CSS Block Navigation Menu

CSS Block Navigation Menu

这个CSS导航条,让你可以创建一个带有描述语的导航条。

26. XHTML & CSS Sprite Navigation

XHTML & CSS Sprite Navigation

查看演示

这个时尚的CSS精灵导航条有三个状态:空闲,鼠标感应,和鼠标点击。

27. XHTML CSS Tabbed Menu

XHTML CSS Tabbed Menu

查看演示

你可以学习一个如果不用脚本来创建TAB页。

28. Cool, Simple, Horizontal CSS Menu

XHTML & CSS Sprite Navigation

查看演示

教你如果创建一个简单直接的CSS导航条。

29. CSS Menu with Descriptions

CSS Menu with Descriptions

查看演示

一个会扩展的导航条。

30. CSS Hover Button

CSS Hover Button

查看演示

一个相当不错的教程教你如果制一个鼠标感应式的按钮。


(转载本站文章请注明作者和出处 酷壳 – CoolShell.cn ,请勿用于任何商业用途)

————————============ 感谢 42qu.com 为本站提供 VPS ============————————

Black and White RAW Processing for a Landscape Image – Weekly Lightroom Edit Episode 2

This is the written article for our Weekly Lightroom Edit – Episode 2 that was released on November 25, 2011 on SLR Lounge. To view this tutorial in video form, click here.

Hey guys, welcome to Episode 2 of our Weekly Lightroom Edit. Last week, we had a few questions regarding black and white workflow. So, in this tutorial, we are going to do a black and white edit of the RAW image that you see below.

Our final image will look like the following:

Download the Exercise File

First thing, let’s download the exercise file by clicking here. (Note: This image is provided by Lin and Jirsa Photography for educational purposes for DPS and SLR Lounge users only)

Black and White RAW Workflow Tips

Last week we had a question when it came to the RAW Workflow with black and white Images. Well, for the most part everything is going to stay exactly the same. We still want to make sure that we are working from the largest adjustments, to the smallest in that order. However, we do want to first make sure that we switch the image to black and white by hitting ‘V’ prior to starting the workflow.

So, this is the general workflow process I follow when editing RAW files as black and white images, note that we are going to also add an additional advanced step for Detail Enhancements.

1. Convert to Black and White (‘V’)
2. Brightness/Exposure
3. Temperature/Tint (affects B&W toning)
4. Recovery/Fill Light
5. Blacks/Contrast
6. Clarity
7. Cropping
8. Detail Enhancements (spot removal, graduating filters, brushes)
9. Sharpening
10. Lens Corrections

Starting with a Vision

Once again, we want to start editing with a vision of where we want the final image to be. For this image, I picture a very dramatic panoramic landscape with a nice graduating sky while falling to black along the rocks. Again, there is so many things that we can do with this image, this is just my interpretation.

The Basic Adjustments

So, let’s obviously start by switching our image to black and white by hitting ‘V’, and then let’s start making the adjustments below.

Brightness +85 – Again, I want to pull up the brightness of the image without affecting the highlights as much as Exposure would. So, I am using Brightness over Exposure as it is mid tone biased instead of highlight tone biased.

Temperature/Tint As Shot – Typically with a black and white, I won’t do too much adjusting to the temperature and tint. The exception to this is when the black and white toning doesn’t quite look right due to incorrect out of camera white balances. This usually manifests in strange contrast and color graduation. I.E. The image lacks overall contrast, or when skins tones look far darker or brighter than they would in color. Since the out of camera white balance for this image is fairly accurate, When we convert this image to black and white, we don’t see these issues. So, we are going to leave these at default, and revisit later if we must.

Recovery 0 – I am not worried about smoothing out highlight tones over skin since this image is primarily a landscape image. Since this image was shot with the sun, everything is quite bright. Thus, using Recovery in this situation would pretty much darken the entire image, requiring us to have to raise the Brightness which is just going to counteract the Recovery. So, we don’t need recovery in this image. If we want to darken the sky, we will do it with Graduating Filters as you will see shortly.

Fill Light 0 – Again, I want this image to be dramatic, which means that I need to have some nice deep blacks in the image for contrast. Raising Fill Light is only going to brighten these deep shadows. Therefore, we are going to leave it at 0 as well.

Blacks +12/Contrast +60 – Again, we are going for a dramatic image, so I want high contrast and some deep blacks. Since this is primarily a landscape portrait given the subjects are so small, I am not worried about their faces and skin tone highlighting. So, I first am going to raise my blacks to the point where I feel like the deep shadows are properly clipped. Then I am going to raise my contrast up to give the image the additional pop that it needs. Using the correct Black vs Contrast mix will ensure that your image pops without sacrificing too much shadow detail from too much Blacks, or creating strange graduation and highlights from too much Contrast.

Clarity 0 – Contrast and details in this image look fine, so we are going to skip adding additional clarity.

We are done with our Basic corrections, and your image should now look like the image below.

Cropping to Improve the Composition

Ok, so now let’s move on to our finishing touches starting with Cropping.

Crop (‘R’) – Hit ‘R’ to bring up the Crop Overlay. First, we are going to adjust the aspect ratio of the image. As we talked about, I want this image to be a panoramic image, so I think an aspect ratio of 2:1 would look great. So, in the right side in the Crop and Straighten Dialogue, click on the pull down menu where it says Original and select Enter Custom as shown below.

We are going to use a 2 to 1 ratio, which means the image will be two pixels wide for every 1 pixel tall. So, enter 2 and then 1 as shown below.

Next, we are going to modify the crop itself so that the image has a slightly stronger composition. When this image was shot, I shot it literally with my stomach against the sharp rocks on the ground. So, getting the crop perfect, was not only difficult, the priority at the time was getting my chest from off the rocks that were impaling me. So, while I am all for getting it right in the camera, it just didn’t happen on this shot. So, we will fix it. We are going to pull in the crop so that the couple sits on the right 1/3 vertical line, and on the top 1/3 horizontal line as shown below.

Now the image has a slightly stronger composition, and should look like what you see below.

Detail Enhancements

We have quite a few detail enhancements that we need to make at this point that are really going to bring out the drama in the image. Let’s start first with spot removal.

Spot Removal (‘Q’) – Now, while we keep our sensors and lenses quite clean, given the amount that we are out shooting, we almost always still have some spots when shooting at higher apertures. Because of our crop, we have actually cropped out the majority of these spots, but just for practice, you guys can remove them anyway. Simply press ‘Q’ to select the spot removal tool, set your Brush to Heal and the opacity to 100. The size is going to vary, but you want the tool to be just a bit larger than the spot you are healing. Next, click on each spot in the image.

Now, this is just an exercise, because you will see that all the spots I removed are basically outside of our cropped area as shown in the image below. This wasn’t intentional, we just got lucky this time, haha!

Graduating Filters (‘M’) – Now let’s move onto the next detail enhancement. We are going to use the Graduating Filters to burn the rocks and the sky to add that extra bit of drama that we are missing.

Let’s first burn the sky down a bit. To do so, select the Graduated Filter button by hitting ‘M’. Next, simply set exposure to -1.00 and the rest of the sliders at default as shown below.

Notice that this time we are using Exposure over Brightness. This is because this time I do want the adjustments to have a bias towards the highlights.

Now, you are going to click and drag from the top right, and pull down the brush keeping the edge roughly along the angle of the rocks as shown below.

You want to be careful not to cover the couple too much as they will become too dark. Now, let’s move onto burning the rocks.

We are going to create two burns on the rocks. The first burn is going to darken the rocks overall, while the second burn is going to focus on dropping the base of the image to complete black.

Press ‘M’ again for a new Graduated Filter, and this time we are going to simply change the exposure value to -1.66 (leave everything else at 0). Now, you are going to drag up from the bottom, again at the same degree as the rock face as shown below.

This adds a nice darkening effect to the rocks, but now I want the very bottom of the image to fade to complete black, as if there was no light on that area. I feel that this final effect is really going to work to pull the focus into the center of the image following the rock line.

So, Press ‘M’ one more time for a new Graduated Filter, and this time change the exposure to -3.00. Now again we are going to drag up from the bottom at a slight angle, only covering the bottom of the image as shown below.

Great job guys, we have now created an awesomely dramatic panoramic black and white of our scene. You should now see the same thing as the image below.

Lens Corrections and Sharpening

Ok, we are nearly done, we are just going to make some final adjustments to adjust the vignetting as well as the sharpening.

Sharpening Amount 70, Radius 1.5, Detail 30 – Once again, we are zooming in on the image to 100%, then adjusting our sharpening to taste. For me, I am just going to default to my standard sharpening settings as shown above.

Noise Reduction Luminance 40, Detail 50 – This adjustment is really one of preference. The image looks fine with a little bit of grain, but I personally am not a fan of the grain that is showing up. It doesn’t quite look like a nice fine consistent film grain, so I am just going to kill the noise by adding +40 to my Luminance noise reduction.

Lens Vignetting Amount +10, Midpoint 40 – Just to slightly brighten the corners for consistency in the tone graduation, I am adding a slight bit of reverse lens vignetting. Again, this is really a minor adjustment and just preferential at this point.

Great job guys, we are done, now your final image should look like the following.

If I were submitting this image to a magazine or competition, I would open it into Photoshop and remove that slightly distracting little strip of houses showing in between the rocks. But, that is a simple adjustment and unnecessary for the purposes of this tutorial.

Hope you all enjoyed! Be sure to join us on Facebook to get the latest updates on new SLR Lounge posts.

Post originally from: Digital Photography Tips.

Check out our more Photography Tips at Photography Tips for Beginners, Portrait Photography Tips and Wedding Photography Tips.

Black and White RAW Processing for a Landscape Image – Weekly Lightroom Edit Episode 2

DigitalPhotographySchool?i=hYu1ic77Yco:VfJenkP6juc:gIN9vFwOqvQ DigitalPhotographySchool?d=7Q72WNTAKBA DigitalPhotographySchool?d=ByNYXvuKCJE DigitalPhotographySchool?i=hYu1ic77Yco:VfJenkP6juc:guobEISWfyQ
hYu1ic77Yco

http://feedproxy.google.com/~r/DigitalPhotographySchool/~3/hYu1ic77Yco/black-and-white-raw-processing-for-a-landscape-image-%e2%80%93-weekly-lightroom-edit-episode-2

Sent with MobileRSS for iPhone

iPhoneから送信