LaTeXインストール

ノードパソコンのLaTeXが調子が悪くなった,昨日からずっと調整中.先ほど完全に直りました,幾つのポイントをメモする:
1.基本的には,Kakuto3_0_45のインストーラを使う,DownLoad先は,.ここです.
2.WinShellの環境変数設定は,こちらを参照する.
3.DVI for Winが実行するときの変なエラー,大体GSViewの設定の問題です,Options –> Advanced Configure –>Ghostscript Option の中に,-dWINKANJI を追加すれば良い.
 **2011.10.30追記:また、Ghostscript Include Pathの中に、”(path)gs/gs9.04/bin”を追加.
4.Hyperref パッケージを使うとき,DVIでHyperTexとして表示したい場合,hyperref の driver がhypertex に変更しなければならない,hyperref.cfg ファイルの適当なところで変更すればよい.
5.後は,細かいのところなら,使いながら修正すればいいでしょう.
6. dviout と WinShell との連携機能 (Source special)メニューバーより [オプション]→[主な TeX 関連プログラムの設定] と選び,右の「プログラム」のリストより [LaTeX] を選びます。そして,「コマンドライン」を

-src "%s.tex"

のように変更しておきます。

dviout の [Option]→[Setup Parameters…]→[Common] の src: 欄に

C:Program FilesWinShellWinShell.exe^s-c "%s" -l %d

と書き込んで [Save], [OK] の順にクリックしてください。

dviout でマウスカーソルが矢印になっているときに画面の一部をダブルクリックすると, WinShell が前面に出て,該当個所に飛ぶはずです。

さらに,メニューバーより [オプション]→[主な TeX 関連プログラムの設定] と選び,右の「プログラム」のリストより [DVIView] を選びます。そして,「コマンドライン」を

-1 %s.dvi "# %l '%c.tex'"

のように変更しておきます。こうしておくことで,WinShell から[DVIView の実行]ボタンを押すことで,WinShell の文書のカーソル位置に相当する dviout への該当領域へとジャンプすることが出来ます。

Advertisements

USB Guitar

これは,本当に欲しい!! 値段も手頃の14,000円で,修論を終わったら,手に入れようか?
 
この高品質なエレクトリックギターには、良質なメイプルネックを採用、 5 ウェイスイッチを備えた 3 基のシングルコイルピックアップとの組み合わせで、エキサイティングなサウンドメイキングが行えます。内蔵コネクター装備のため、ヘッドフォンを直接ギターに差し込めば、すぐに演奏がスタートできます。多種多様なジャムセッションも、より手軽に楽しむことができるのです。
 
          
By cyberagui Posted in Music

修士論文本章

修士論文の目次は以下のようになる:
 
第1章:はじめに
第2章:スラブ設計問題の概要
第3章:スラブ設計問題の定式化とGLPKモデル
第4章:スラブ設計問題への近似解法
第5章:実験結果
第6章:まとめと今後
 
中心となる第3章と第4章は,本日中先生に出す.

修士論文書き始め

修士論文の書くが始まりました.
いろいろ予想外の問題があって,大変そうだ.
1)図表の作り方;
2)数式を綺麗に作ること;
3)日本語で論理的論文を書くこと;
4)12月22日前修論の本章を出すこと.

評価関数の改良

SDP(Slab Design Problem)の評価関数が、今まで余り量の最小化しています。
改良の方法について、スラブに割り振った注文の重量の二乗和を最大化にする。この方法では、同時にスラブの使用本数最小化にしている効果も出る。
2006.12.08夜、評価関数の改良完成しました。
実験データは以下のように:

評価関数変更前:

Job数   初期解使用資源数       初期解SW     LS後使用資源数    LS後SW

                 FF         FFD             FF     FFD               FF         FFD            FF   FFD

600            136       132             101    66                136         132           79    28

1000          229       220             165    49                229         220           128  23

 

評価関数変更後:

Job数   初期解使用資源数       初期解SW     LS後使用資源数    LS後SW

                 FF         FFD             FF     FFD               FF         FFD            FF   FFD

600            133       132             98     66                132         131           63    19

1000          223       220             145    49                221         220           71    4

一言というと、良い結果です。